FC2ブログ
  • « 
  • 10 
  • 11 
  • 12 
  • 13 
  • 14 
  • 15 
  • 16 
  • 17 
  • 18 
  • 19 
  • 20 
  • 21 
  • 22 
  • 23 
  • 24 
  • 25 
  • 26 
  • 27 
  • 28 
  • 29 
  • 30 
  • 31 
  • »

蟻地獄の思考

2019.03.16 (Sat)

な感じで、ずっとすり鉢の中を這い上がっては、落ち、上れたと思ったらまた足を滑らせ、食われそう
みたいな日々で、他にも時間や余裕が無くなって諸々あり、参ってました。

私の人生での放物線はもう頂点を過ぎたのかとか、生きている意味ばかり考えているうちに、
すべての事から執着がなくなって、寝不足もあり、今日こそ倒れてそのまま終わるのでは、とフラフラ
職場と自宅を行ったりきたりしてました。
呆然と、しかし冷静になって、色々の荷物をまとめなおしたり、突然家族に、
通帳や暗証番号や私の始末についての事など話して、まとめたものを渡したりして、どんびきされ、
職場でも、元気ないね大丈夫?など、先輩方に心配をかけてしまって申し訳ない
もう、どこにも行く気力も体力も、体がすべて失われたみたいに、しにかけていました
それでも、今作っているものは完成させたいので、それまでは生きていないとなあと思っていました。

そこで鎌倉へ誘われたのですが、気力も体力も相応を維持できる自信がなく、どうしようか思っていたのですが…
ちょっと調べ始めたら、

佐助稲荷神社!!長谷寺!!!お寺の本堂のよい香り、あれ?何か超元気!!!

不思議なもんです、こういう時は気持ちのままに、行動するのが当たりだと思っているので、
すぐに返事をし、日帰りですが行くことにしました。

来週、楽しみです。
スポンサーサイト

絶叫機械とお化け屋敷

2019.03.10 (Sun)

私は、絶叫マシンは大好きだが、
いわゆるお化け屋敷のたぐいは全然ダメである。とても怖い。

ライド式(乗るだけで進むもの)のものでも、発狂しそうになる。
万一乗せられた時は、最小限にうずくまり、耳を塞いでも恐怖音声が聞こえてしまうため、
インディアンがアワワワワ~という時に、口に小刻みに手のひらを当てるように、
両耳に、手のひらを小刻みに当て続け、外の音が何たるか分からないように刻む。
それでも生きた心地のしないものだ。

とはいえ、絶叫マシンでも直下型の物は、乗る前では愉快であるが、
シートベルトをつけられた直後は、断頭台に連れて行かれる罪人のように、自分の選択を呪い、
恐怖と後悔に叫び、こちらでも気の狂わんばかりである…と、いうのを繰り返ししつつ、また乗ってしまう。

直下型の悪いところは、スピーディに恐怖まで始まらずに、緩慢な動きでの上昇で、精神的恐怖を煽ることにある!

考えてみればそうだ、精神的恐怖を煽るには、緩慢さが必要なのだ。
高速でお化けが飛び出てくるお化け屋敷、お化けコースターなんて愉快できっと笑えるので私もぜひ乗るだろう。

2019.02.06 (Wed)



この志村さん、若いなあ…かわいいなあ…歌うまいなあ…素敵だな、好きだなあ

終焉の地

2019.01.31 (Thu)

探し続けて生きている
この世の359°が好きではなくて、笑ってごまかして、なるべく見ないようにしている
いやな事も、さも楽しそうにやらなくては、人間の中で暮らすことは出来ない!
そうしていると、自分がどんどん無くなっていく感じがして、全部どうでもよくなって、なげやりになっていく。
排水溝にかぶせたフィルターが、本来流れてくるはずの、綺麗な水をも防いでしまうような

諦めに近い気持ちが、段々と暗い怒りに変わっていく、
すると何とかしてそれを消化しようとする、焼け石はいつまでも握っていられない!
誰にも話したくない、誰にも分かられたくないし、誰かに分かったように思われたくない、
矛盾だらけ転げまわりたくなる思考!
そう、そうだよゲームだよ、まだ越してからPS3を出していなかったのだ…
次の休みはゲームしよ

昔テレビで見た、山の奥深く自給自足で暮らす、孤独な老人を思い浮かべる。
あれはまったく別の次元の話で、彼はただただ強い人間である。

移動完了!

2019.01.26 (Sat)

無事引っ越しました。

やっと片付いてきました…作業部屋も!
早速集中して描いてみました、わざとエアコンつけずに、
薄暗く寒々しい部屋にして、美しい音楽を聴きながら、
もう此処しか居場所はない!みたいな気持ちで描いていたら、
久々に、自分でも少し好きだなあと思う絵が描けました。

つくづく思ったのは、自分が何かを作る原動力は、孤独感だということで、
そして自分を過酷に追い込んでこそ、何かを成し遂げようとする、自虐気質はやっぱり
何度も分かっている筈なんですが見失い、焦っていて、
今日は本当に心から、寂しい気持ちになれました。

誰もいない風景は美しい!
孤独は苦しみと平穏を携えていて、静かでいて幻想的である…!
窓の外を、激しく風が通る音が、心地よい
遠い山小屋の中で、ろうそくの灯を見つめている気持ちになる。


ヒッコシ

2019.01.21 (Mon)

だいぶ佳境です
部屋はダンボールの中にしまわれていきます。
ここでだけぼやかせてください、とてもつかれた

やることが多くなって、立ち眩み増えて、急にバタリとイキそうな気がします
しかし、やり遂げたい事はまだあります、楽しいこともきっとあります
でもたとえば食べ物とか、色々が、何だかそういう事が満たされて、
私には十分に与えられたなぁと思い、本当に今何もあまり食べれない最近です
出されたら食べますが、

それが満足なら、作りたいもの全部作ってしまったら…
もうそこが終着点なのかと思うと怖いです
ああつかれた

蟻の思いも天に届く

2019.01.09 (Wed)

そんな感じの事が、一昨日からちらほら…!
心が引き締まります、去年は色々の事が不安になって逃げがちでしたが、
今年はどんどんやれることを計画的に、そして新しい事に挑戦の年になりそうです。
この先、また悩むでしょうが、その時は自分、これを読み返して、
必ず先に進むよう、前だけ見ることを思いだしてほしいです。


初夢は、運転もしない自分が洗車をしているという不思議な夢だったわけですが、中々その通りで。
そして一昨日は、なんかエッヘッヘという最高に幸せな夢を見ましたので、
どうでもいいですが、仕事初めから何故かサイコーにご機嫌な一日でした…いやー夢ってすごい、
あんな夢なら、金出すから毎日見たいよ…基本悪夢率が高すぎるので、本当年に数回です、
こういうときめく夢を見れる日ってやつは…!!!でもサイコーです。
夢の中で両手で顔を覆って、あ~~~~っとイスから崩れ落ち、「しにましたッ」と叫びました、そんな感じの夢です
耳元で囁かれるのがあんな破壊力あると思いませんでした…やばいぜ…
本当どうでもいい話ですね、でもこれもゲームに使おうと思います。

 | HOME |  »

おこしやす

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ